金沢

【厳選】春の金沢観光スポット5選をご紹介!お花見情報もあります!

2020年2月24日

桜

 

悩む人

・春に金沢に行く予定だけどおすすめのスポットはどこ??

・金沢にはお花見できるところはある?どんな服装で行けばいいかな~??

 

本記事ではこのような疑問を解消します。

 

金沢は春夏秋冬でさまざまな顔を見せてくれる観光地です。

またグルメも季節によって旬の食材が変わります。

 

そこで今回は金沢住民だからこそ知る春の金沢の楽しみ方を特集致します。

 

こちらの記事を読むと、以下の内容がわかります。

 

本記事でわかること

  • 金沢の春の観光スポットがわかる
  • 金沢のお花見スポットがわかる
  • 金沢の春の旬な食材がわかる
  • 金沢の春の服装がわかる

 

金沢のホテル情報も交えて書いておりますので皆さまの旅行計画の参考にして頂けると嬉しいです!

 

本記事のライター

ゆったりカメ夫婦:金沢在住で日々、金沢観光についての情報を発信しています。

新しくオープンするホテルやお店に目を光らせて現地にいるからこそできる情報発信を心がけています。

関東に住んでいたころ金沢観光でホテル選びに失敗した経験から旅行者向けに有益な記事を書きたい!との想いで本ブログを運営しています。

 

金沢観光に関するご質問をTwitterのDMでも受け付けています。

(わかる範囲でのお答えになること、お答えにお時間がかかることがあることをご了承ください。)

 

春の金沢観光スポット5選をご紹介!お花見情報もあります!

それではさっそく春の金沢観光スポットをご紹介して参ります。

春といえば桜がつきもの、お花見情報を交えながらご紹介させて頂きます。

兼六園

初めにご紹介させて頂くのは王道の兼六園です。

まさに春夏秋冬で表情を変える水戸偕楽園(かいらくえん)、岡山後楽園(こうらくえん)とならぶ日本三名園の1つですね。

 

兼六園は石川県で唯一「桜名所100選」にも選ばれており春の観光スポットとしては外せない存在です。

兼六園桜

 

ソメイヨシノ(染井吉野)、フゲンゾウ(普賢象)、ヒガンザクラ(彼岸桜)など20種類、400本を超える桜が咲き乱れます。

見どころは樹齢約300年の貴重なケンロクエンクマガイザクラ(兼六園熊谷桜)や、時期によってで色が変わる、珍しい品種ケンロクエンキクザクラ(兼六園菊桜)です。

 

兼六園では桜の開花シーズンに合わせて無料入園期間が7日間を目安に設けられます。

また同時に21:30までライトアップされるので夜桜も楽しむことが出来ます。

 

無料入園期間は毎年変わりますので兼六園のHPをご確認ください。

兼六園公式HP

 

また兼六園には着物レンタルのお店もあります。

桜のシーズンにはこちらで春色の着物をレンタルしてお花見をされている観光客であふれます。

要チェックですよ!

着物レンタル金沢兼六園店

基本情報

春の観光スポット名:兼六園

住所:〒920-0937 石川県金沢市丸の内1-1

電話番号:076-234-3800(金沢城・兼六園管理事務所)

営業時間:3月1日〜10月15日:7時00分〜18時00分(退園時間)、10月16日〜2月末日:8時00分〜17時00分(退園時間)

定休日:年中無休(兼六園内の時雨亭を除く)

金沢駅からの距離:車で約10分

バス:兼六園下・金沢城バス停下車

駐車場:有(482台)

公式HP:兼六園公式HP

金沢城(公園)

2つめのご紹介は金沢城(公園)です。

先ほどの兼六園のおとなりにあるのが金沢城(公園)です。兼六園と合わせて観光に訪れるのが良いでしょう。

 

春には兼六園と金沢城公園に挟まれた大通り、大手堀沿いにソメイヨシノが咲き乱れます。

私たちもよく車でこの道を通るのですが400本近いソメイヨシノは圧巻の景色です。

 

兼六園と同様にライトアップにて夜桜が楽しめるスポットになります。

金沢城公園夜桜

 

また兼六園と反対側には新丸広場というかなり広大な芝生の公園があり、こちらでは飲食も出来るようになっています。

金箔ソフトクリームを食べながら新丸広場で桜を見るというプランもおしゃれですね!

基本情報

春の観光スポット名:金沢城(公園)

住所:〒920-0937 石川県金沢市丸の内1-1

電話番号:076-234-3800(金沢城・兼六園管理事務所)

営業時間:7時00分〜18時00分(3月1日〜10月15日)、8時00分〜17時00分(10月16日〜2月末日)

※菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓・橋爪門:9時00分〜16時30分(最終入館16時)
※河北門(無料):9時00分~16時30分(最終入館16時)
※玉泉庵:9時00分~16時30分(最終入亭16時、12月29日~1月3日は休亭)

定休日:年中無休(兼六園内の時雨亭を除く)

金沢駅からの距離:車で約10分

バス:兼六園下・金沢城バス停すぐ

駐車場:有(482台)

公式HP:金沢城公園公式HP

卯辰山公園

3つめのスポットは卯辰山公園です。

 

卯辰山公園は春のシーズンになると公園全体に約500本の桜が咲き乱れ、公園にいくまでの道が桜のトンネルを作り綺麗です。

卯辰山公園桜

引用元:tenki.jp

また桜だけでなく面積約300haの広大な自然があり春のさわやかな空気を感じることができます。

金沢市内でもっとも自然を感じられる公園ではないでしょうか。

 

また標高141mの望湖台があり、金沢の町並みや日本海・白山連峰まで一望することができます。

夜景スポットとしても人気で春のそよ風を感じながら綺麗な景色を見るものいいですね!

卯辰山公園夜景

引用元:ほっと石川旅ねっと

泉鏡花、徳田秋声の文学碑、西田幾多郎の旧もがありお散歩に人気の公園です。

 

私たちも金沢駅から徒歩で訪れたことがあるのですが徒歩だと45分、しかも山道なので相当疲れました。

お車、もしくは金沢駅からバスで行かれることをおすすめします。

 

基本情報

春の観光スポット名:卯辰山公園

住所:〒920-0832  石川県金沢市卯辰町

金沢駅からの距離:車で約15分

バス:金沢駅からバスで25分(卯辰山行き終点下車すぐ)、望湖台バス停から徒歩で1分

駐車場:有

公式HP:金沢市公式観光サイト

金沢百番街

4つめのスポットは金沢百番街です。

金沢百番街は金沢最大のお土産やさんで、和菓子、洋菓子、日本酒、駅弁などなど、金沢名物はだいたいここで揃います。

 

金沢のお菓子店では春になると春限定のメニューを出されることが多いですが、その多くが金沢百番街で楽しむことができます。

現地で楽しむもよし、お土産として持ち帰るもより、春らしいお菓子が手に入りますよ!

 

金沢駅直結なので新幹線、電車で金沢に来られた方は立ち寄りやすいと思いますが車移動の方は見落としがちかもしれません。

屋上に駐車場があるので車の方もぜひご検討ください。

 

これまでに春限定でに出ていたお菓子をいくつかご紹介します。

まめや金澤萬久

豆菓子で有名なまめや金澤萬久さんでは黒豆を使ったわらび餅のバウムが人気ですが春限定でわらび餅バウム・桜という商品が売られています。

桜色の生地に、桜風味のペーストを練りこまれていて春らしい上品な味わいを楽しめます。

桜バウム

引用元:まめや金澤萬久HP

見た目も上品で可愛いですよね!

 

銘菓福うさぎ

金沢土産の定番の和菓子、福うさぎさんにも春限定商品があります。

通常だと五郎島金時、能登大納言、棒茶、能登産かぼちゃ、石川県産ゆずなど、石川ならではのバリエーションをそろえていますが春限定でさくらが登場します。

 

桜色の生地に、塩漬けにした桜葉入りの餡がつつんであります。

福うさぎさくら

引用元:いいじ金沢

ピンク色のうさぎがとても愛らしいですよね!

食べるのがもったいない!

きんつば中田屋

金沢の和菓子の老舗、きんつば中田屋さんでも春限定商品が売られています。

その名も桜の風味豊かな「きんつば さくら」と春限定のもなか「さくらちゃん」を詰め合わせです。

きんつばさくら

引用元:きんつば中田屋HP

こちらもとても春らしくて可愛いですよね!

 

今ご紹介したのはほんの一部です!

金沢百番街では他のお店でも春限定メニューがわんさか出てくると思うのでぜひお立ち寄りをご検討ください。

 

また金沢駅周辺で宿泊すると空き時間に金沢百番街に寄れるので便利です。

金沢駅近くのホテル特集もぜひご覧ください。

➡【徹底比較】金沢駅から駅近の安いホテル6選(徒歩2分以内)

(お花見シーズンは予約が埋まるのも早いのでお早めの宿確保をおすすめします)

 

基本情報

春の観光スポット名:金沢百番街

住所:〒920-0858 石川県金沢市木ノ新保町1-1

金沢駅からの距離:直結

駐車場:有

公式HP:金沢百番街HP

近江町市場

5つめのスポットは近江町市場です。

金沢の海鮮といえば、甲箱ガニやのどぐろ、寒ブリなど冬のイメージが強いかもしれません。

しかし、近江町市場では春にも季節の魚が楽しめます。

 

例えば地元の人に人気の「ハチメ」は塩焼きや煮付け、そしてお刺身も楽しめます。

 

「ハタハタ」は、石川県が全国第2位の漁獲量となっていて金沢ではメジャーな魚です。

金沢で「花見魚」とも呼ばれる「サヨリ」は、“石川の四季の魚(春)”に指定されており、まさに花見の頃が旬となっています。

 

他にも字のごとく春に食べたくなる「サワラ鰆」や春に1番身が大きくなる「アサリ」、お隣富山県では3/1に「ホタルイカ」、4/1に「シロエビ」の漁が解禁されるなど、訪れるタイミングによってさまざまな海鮮が楽しめます。

近江町市場への行き方や楽しみ方の詳細はこちらの特集記事をご覧ください。

➡「金沢住民が近江町市場おすすめの楽しみ方4選を大公開!

 

近江町市場は他の観光地へもアクセスが抜群なので、この周辺に宿泊して観光の拠点にすると動きやすいです。

近江町市場に近いホテルの特集を別記事で行ってますのでご参考にされてください。

【徹底比較】近江町市場に近くて評判の良いホテル5選【一覧表付き】

 

春の金沢観光・服装はどうすれば良い?

スポンサーリンク

桜2

春の金沢の服装コーディネートについてもご紹介しておきます。

 

 

悩む人
4月~6月は、金沢と東京では、気温差1~2℃くらいでそんなに変わらないね!

 

そうなんです。

結論として、4月~6月は東京と変わらない服装で問題ないかと思います。

 

4月上旬ごろはまだ少し肌寒いので、スプリングコートを羽織っていれば問題ないと思います。

まだ寒いと感じる場合は、厚手のコートなどを一応持参して調整することをおすすめします。

4月の服装例

女性:

  • 長袖のニットやブラウス
  • スプリングコート

男性:

  • 長袖シャツと薄手のジャケット

※寒がりな方は、ストール、タイツ、ブーツなどで防寒しましょう!

 

5月は、だいぶ過ごしやすくなる時期です。

東京と気温差も大差ないので、5月も東京と変わらない服装で問題ないと思います。

この時期くらいから半袖の人もいれば長袖の人もいるといった印象ですね!

 

6月は、東京とほぼ同じ気温です。

もちろん金沢にも梅雨はありますので、梅雨の時期にいらっしゃる方は、雨対策した服装が良いかと思います。

5月~6月の服装例

女性:

  • 長袖もしくは半袖のブラウスやカットソー
  • スプリングコート、薄手のジャケット、パーカー等

男性:

  • 長袖シャツ

※梅雨のシーズンは、ナイロンなどの乾きやすい服を選んだり、靴やバックには防水スプレーをかけましょう。

※折りたたみ傘は必須です。

 

【まとめ】春の金沢観光スポット5選

金沢城桜

いかがでしたでしょうか。

本日ご紹介した5つのスポットは全て金沢市内で車で30分前後程度のところにあるので、1日で全部回れる距離です。

 

春の観光スポットまとめ

①兼六園➡着物を借りてお花見

②金沢城(公園)➡新丸広場にて桜を見ながら金箔ソフトクリーム

③卯辰山公園➡桜以外の自然も楽しむ

④金沢百番街➡春限定スイーツを楽しむ、お土産を買う

⑤近江町市場➡春の魚を楽しむ

 

ぜひ桜や自然で癒され、春限定のお菓子や春の海鮮を食べて金沢を楽しまれてください(*^^*)!

 

当ブログは、金沢観光に関する有益な情報をたくさん発信しています。

ぜひ、こちらもあわせてご覧いただければ嬉しいです。

 

(ゆったりカメ夫婦ブログ)金沢情報はコチラ

 

-金沢

Copyright© ゆったりカメ夫婦ブログ , 2020 All Rights Reserved.