働き方

サラリーマンの副業にブログをオススメする理由を公開!スキマ時間活用法も!

サラリーマン(ウーマン)の方で副業を考えられている方は多いと思います。

老後2000万円問題なんて聞いたら不安になりますよね…

しかし、忙しい、時間がない中で副業に躊躇されているケースも多いと思います。

今回は副業サラリーマンのカメ助が実際に勤務中にスキマ時間をカウントし、本当にサラリーマンには時間がないのか検証致しました。

その上で見つけたスキマ時間にはぜひ副業ブログをオススメする理由を紹介しています。

皆さまの収入が増えることを願っています!

スポンサーリンク

サラリーマン(ウーマン)で副業を検討しているあなたにブログをオススメします!

今回の記事を読んで頂きたいのは

・副業を検討しているサラリーマンのあなた!

・1度副業を検討したが諦めたというあなた!

です!

本日はそのようなあなたにサラリーマンの副業はブログがBESTである理由をお伝えさせて頂きます!

多くのサラリーマンは時間の壁により副業を諦めている!?

スポンサーリンク

令和のサラリーマンの働き方は

本業×副業

という言葉はmotoさんのブレークもあり、良く見るキーワードではないでしょうか。

そして、こちらの記事を見ると約半数のサラリーマンが副業を考えているという結果になります。

“会社員の中で実際に副業をしている人がどの程度いるのかというと、調査の仕方によって多少の誤差はあるものの、大体15%前後という数字が出てきます。

しかも、現在は副業をしていなくても近い将来に副業を始めたいと考えている人を含めれば、その割合は50%を超えます

引用元:会社員×副業の最新事情|やってる人の割合は?おすすめは?【2019年版】

しかし、

一方、実際に副業をしている人は

15%前後になるということで、想いと行動にGAPが生じているのが現状です。

サラリーマンカメ助も何年も前からいつか副業しないとな~と思いながら重い腰が上がらなかった1人なのでよくわかります。

カメ助の経験からいうとサラリーマンにとって副業スタートに立ちはだかるのは本業が忙しすぎることによる時間の壁ではないでしょうか。と思います。

 

■睡眠や食事の時間をのぞくと、平日の自由な時間は1日のうち何分ですか?その理由も教えてください。

第1位  90〜120分  143人(28.6%)

第2位  150〜200分 117人(23.4%)

第3位  60〜 90分  96人(19.2%)

第4位  200分以上  82人(16.4%)

第5位  60分未満  62人(12.4%)”

引用元:サラリーマンの平日の自由な時間って1日どのくらい? 最多はたったの「90~120分」

 

実際にこちらのマイナビの記事を見ていますと

60%以上の人は1日の自由時間が120分未満、つまり2時間も取れていないのです。

この状態では確かに副業は困難な気がしてきますね。

そんな時間の壁を壊すための方法は主に2つだと思います。

・今より拘束時間の短い会社に転職する

・今の本業を続けながらスキマ時間を見つける

転職活動の時間的、精神的ストレスを考えると

最優先の選択肢は

  • 今の本業を続けながらスキマ時間を見つける

ではないでしょうか。

先ほどのマイナビのデータでは60%以上の人は1日の自由時間が120分未満

となっておりました。このデータが本当ならスキマ時間なんてほとんどないように思えます。

それでは実際に時間をカウントした人はいるのでしょうか。という疑問が生まれました。

そこで曲がりなりにも大企業にてそこそこ忙しい毎日を送っているカメ助が実際に時間を

カウントしてみました!

サラリーマンには意外とスキマ時間がある!?実際にカウントしてみた結果!

今回カメ助は先ほどのマイナビのアンケートの結果に

疑問を感じて自らスキマ時間をスマホのストップウォッチアプリ片手にカウントしてみることにしました。

カメ助の労働状況を公開します。

・8時出社21時帰宅(平均13時間勤務)

・バス通勤

・ルート営業職(平均1日5人の顧客に訪問し商談)

スキマ時間を定義します。

最近ではスマホ片手に副業が出来る時代と聞きますので

今回は自由にスマホをいじれる時間をスキマ時間と定義致します。

実際にカウントした結果はこちらです。

〇スキマ時間

①バス通勤時間(行き)・・・20分

②お昼休憩時間(昼食後)・・・40分

③5人の顧客アポイント面会までの待ち時間(10分×5)・・・50分

④バス通勤時間(帰り)・・・20分

合計・・・130分

なんと、スキマ時間だけで130分を超えます!

21時に帰宅し、食事、寝る準備などを22時までに終わらせて

24時に就寝すると仮定すれば帰宅後にさらに120分の自由時間があります。

1日に250分、4時間以上あれば副業できそうではないですか!?

今回スマホを自由にいじれる時間という定義をしたためカウントはしていませんが

カメ助のような営業の場合、顧客を訪問する際に車移動をします。

車の運転時間はもちろん集中しないといけませんが、ラジオ等で副業にプラスになる情報収集することが可能です。

カメ助が時間捻出のために工夫していることは以下の3点です。

①会社の飲み会には極力行かない

②晩酌をしない

③ランチは弁当持参

特に③に関して、皆さまの毎日を振り返ってみてください。

ランチを外食にすると、移動時間、注文してから料理が来るまでの時間を何気なく過ごしていませんか。

そういう何気ない習慣にスキマ時間が潜んでいると思います。

「自由が効く営業だからスキマ時間があるのは!?」

とのご指摘があると思います。

カメ助も今回のスキマ時間のカウントが万人に当てはまるとは思っておりません。

夜勤の方もいれば、飲み会を断れない環境の方もいると思います。

なのでおすすめしたいのは1日で良いのでストップウォッチアプリ片手にスキマ時間を計ってみてほしいということです。

意外なスキマ時間に気付けると思います。

それではそのスキマ時間にどのような副業をすれば良いのか紹介します!

サラリーマンのスキマ時間を活用した副業にブログをオススメする理由とは!?

人それぞれスキマ時間は異なると思いますが

おそらく大なり小なりスキマ時間があることはご理解いただけたのではないでしょうか。

それでは見つけたスキマ時間にどのような副業をしたら良いのか紹介します。

下記リンクのサイトではサラリーマンにおすすめの副業が紹介されいます。

初心者~専門的な副業まで!サラリーマンにおすすめの副業ランキング30選

この中からあなたのスキマ時間や興味に合わせて選んで頂くのが良いと思います。

その中でもカメ助がオススメさせて頂きたいのはブログ開設による広告収入です。

ブログをおすすめする理由は

サラリーマンのスキマ時間にとてもマッチするからです。その理由は

・本業の知識を活かせる

・スマホで作業が出来る

・運転中なども情報収集が出来る

・自分のペースで作業が出来る

などです。

・ブログでどのように稼げるのか?

・ブログでどれぐらい稼げるのか?

・副業ばれないようにするには?

などは月に●●百万以上稼いでいる先駆者達がたくさん情報発信をしているので参考にして頂ければと思います。

サラリーマン副業の先駆者クニトミさんのブログ

今回の記事を読んで頂き、サラリーマンの皆さまにも実はスキマ時間があり、

その時間の副業にブログがマッチしていることが伝われば嬉しいです 😛

最後にどうしてもストップウォッチ片手にスキマ時間をカウントしたものの

0分だったというあなた、それは劣悪な労働環境かもしれません。

転職も視野にキャリアプランを立て直すのも選択肢に入れられてはと思います!

カメ助も登録している転職サイトを参考にして頂ければと思います!

皆さまの人生がよりよいものになりますように 😛

カメ助も登録しているオススメ転職サイト

リクルートエージェント

リクナビNEXT無料会員登録

-働き方

Copyright© ゆったりカメ夫婦ブログ , 2020 All Rights Reserved.