ハワイ

HISでテラスバイザシーを予約|ハワイ挙式の準備と流れ

2019年11月19日

ハワイウエディング

海外挙式ってわからないことだらけですよね。

何からどうやって準備するの?と、疑問に思っている方も多くいらっしゃると思います。

カメ夫婦もハワイ挙式を行いましたが、初めてのことばかりで戸惑うことも多くありました。

そこで、カメ夫婦が実際に経験した「準備の流れ」を詳細にご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

なぜ旅行代理店から申し込みをしたの?

まずは、なぜ旅行代理店から申し込みをしたのかという点からです。

海外で挙式する手段としては、主に以下2つの方法があります。

旅行会社経由で手配する

  • 飛行機・宿泊費用と挙式の費用をセットにした海外ウエディングプランを販売している。
  • 挙式関連については提携先のプロデュース会社と打合せをし、プロデュース会社は、挙式のプランニングや準備、挙式会場との調整、挙式当日のサポート等してくれる。
  • 国内各地に店舗がある。

プロデュース会社で手配する

  • 挙式のプランニングや準備、挙式会場との調整、挙式当日のサポート等をしてくれるプロデュース会社の国内店舗に行き、挙式の手配を頼む。
  • 旅行手配については、プロデュース会社提携先の旅行代理店で手配をするか、自分たちで手配をすることになる。
  • 企業にもよるが、国内店舗は大都市にあるケースが多い。

カメ夫婦は以下の理由から「旅行代理店経由」で申し込みを行うことを決めました。

  • 新婚旅行も兼ねているから
  • 親族の旅行の手配もこちらで行いたかったから
  • 車で行ける距離に店舗があるから
  • 最初の窓口としては相談しやすいと思ったから

正直、旅行会社は以前も利用したことがあり、身近な存在で相談しやすかったというのが一番の理由です。

HISさんでは、年始等に「初夢フェア」で「先着〇組限定、50%オフセール!」などかなりお得なセールもやってますので、時期が合う方は要チェックですよ。

それでは、初めて旅行会社の店舗に足を運んだ日から挙式までの「実際の流れ」を半年前から順にご紹介していきたいと思います。

 

6か月~5か月前の準備

スポンサーリンク

旅行会社(HISさん)との初回打合せ

まずは、ネットで来店予約をし、「ハワイで新婚旅行を兼ねて挙式すること」のみを決めた状態で伺いました。

まずは、HISの従業員さんから「挙式用と旅行用のパンフレット」を頂き、それらを見ながら説明を受ました。

 

具体的な内容は、「挙式について」と「飛行機・ホテルについて」に分けてご紹介します。

 

挙式について

まずは、挙式について受けた説明です。

どんな会場があるか?

エリアや雰囲気に分けて、いろいろなタイプの会場をざっくり説明して頂きました。

  • ワイキキエリア(ザ・モアナチャペル、ハレクラニ、、ロイヤルハワイアン、ヒルトンのジ・アカラチャペル、シェラトンのザ・マカナチャペル、ザ・カハラ、ロイヤルハワイアン、ザ・テラス バイ・ザ・シー)
  • 西海岸エリア(コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ、パラダイスガーデン・クリスタルチャペル)
  • 東海岸エリア(セント・カタリナ・シーサイドチャペル、アロハ・ケ・アクア・チャペル)
  • ガーデンウエディング(プルメリアガーデン、ザ・カハラ)
  • 現地教会(セントラルユニオン大聖堂、セント・アンドリュース大聖堂、キャルバリー・バイ・ザ・シー教会) など…
カメ嫁
かなりざっくり分けですみません。他にもたーっくさんあります!

 

挙式会場によってプロデュース会社が違うこと

例えば、人気の「コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ」であれば、プロデュース会社は「ワタベウエディングさん」と決まっています。

このプロデュース会社のドレスが着たいからこの会場にするなど、プロデュース会社重視で挙式会場を決める方もいると思います。

 

条件を絞ること

挙式会場を決めるには条件を固めるべきということで、どのような条件があるかも教えて貰いました。

  • どんなイメージの会場がいいのか(海が見える方がいい、白を基調としたチャペルが良い、ガーデンウエディングが良いなど…)
  • ワイキキから会場までの距離は?(車で40分かかるコオリナ地方等でもゲストは平気か、ワイキキから近いほうがいいのかなど…)
  • 費用の上限は?(会場によって費用に結構な差があります)
  • パーティー会場は併設されているか?(教会は会場が併設されていなかったりもするので要確認です)
  • 雨天時はどうなるか?(雨天時に使える会場は近くにあるのか?)
  • プロデュース会社に不安はないか?(近所に店舗があるか?、評判はどうか?) など…
カメ嫁
会場によっては、フラワーシャワーが出来ないなどの制限もあるので、やりたいこと決まっている場合はそういう点もチェックが必要ですね!

 

ゲストを決める

カメ夫婦はすでに決まっていたので報告してすぐに終わりましたが、パーティーをやるのであれば部屋の確保も必要となりますし、ゲストの人数も早めに連携が必要とのことです。

 

飛行機・ホテルについて

続いて、ハワイのホテルについて説明していただきました。

ハネムーンは『CIAOハワイホノルル(パンフレット)』での予約が人気

「Ciaoハワイホノルル」は、ハネムーナーの特典が充実しており、飛行機やホテルのアレンジプランなども出来るため人気とのことです。

先ほどもリンクを載せた、最初に頂いたパンフレットです。

 

親族の飛行機・ハワイの予約について

親族の分も私たちでまとめて予約したい旨を伝えたところ、「金額が抑えめのプランが載ったパンフレット」を出してくれました。

「日系航空が選べるもの」や「航空会社が決まっているもの」もありました。

親族については、頂いたパンフレットから比較、検討しようということになりました。

 

挙式会社合同相談会の案内

初めて聞くことばかりで悩んでいると、近日中に、HISで挙式会社合同相談会(プロデュース会社が3社集まって個別に相談できるイベント)が開かれるとの案内を受け、予約を入れてもらうことになりました。

 

メモ

例えば首都圏だと、もっと大規模の「人気挙式会社9社の説明会」などもあります。挙式会社には気になる会場について一気に相談・比較もできますし、HIS従業員には旅行やホテルについても相談できるところがいいですね。自己負担0円の帰国後お披露目パーティーも出来るそうですよ!

 

参考としてHISさんのリンク先を添付しておきますね。

 

HISさんと挙式会社の合同相談会に出席

次に、HISさんとの初回打合せで予約した「挙式会社合同相談会」に出席してきました。

これに出席することによって、カメ夫婦も無事に挙式会場を決めることができました!!

それでは「挙式会社合同相談会」流れをご説明します。

談会では、3社の挙式会社(プロデュース会社)さんから30分程度、該社が提携している挙式会場について話を聞くことができました。

iPadを駆使して説明してくださったり、上手にポイントを押さえて他の会場との違いをわかりやすく教えてくださったりと、最初候補になかった挙式会場も候補にあがったりしました。

各プロデュース会社のプレゼン力が試される会という感じもしましたが、色んなお話しが聞けてとてもおもしろかったですよ!

迷いに迷っていたけれど、プロデュース会社の1つであるタカミブライダルさんが、

とりあえず、気になっていそうな『テラス・バイ・ザ・シー』の予約状況みてみましょうか?

といってくださったので、日にちもその場でささっと決めて、とりあえず…感覚で予約してしまいました。挙式後のパーティーも入れてもらいましたよ。

 

メモ

 

ちなみに海外挙式の日程は、2日目を挙式日とするスケジュールで組む方が多いそうです!

  • 1日目…到着、翌日に備えての打合せや準備
  • 2日目…挙式
  • 3日目…親族との交流日

ついに挙式会場決定!

数週間後、ようやく夫婦会議をし(遅いですね)、ちょうど予約した「テラスバイザシー」に決定しました。

会場と日にちが決まった後に考えたのは、挙式の時間です。

 

挙式時間について考える

先日予約した時に「15時から」と「18時から」しか空いてないと言われていたので諦めてはいたものの、テラス・バイ・ザ・シーでは挙式会場から海が見えるので、夕方近くなって日が沈んだりしないかなと少し心配になって調べてみました。

ハワイの海は、午前中だと少し雲が多くて暗い場合があり、午後1くらいが一番海が綺麗にみえるそうですが、15時でも問題ないようでした。

カメ助
実際も何の問題もなかったね!

 

ハワイ挙式で人気の時間帯

ちなみに、ハワイ挙式で人気の時間帯は、「午前中」もしくは「午後1番」あたりのようです。

挙式前や挙式後にオプションでつけられるロケーション撮影(海や街などでの撮影)を行うため、一番綺麗な時間帯の海と一緒に写真を撮りたいという方やマジックアワー(日没後のピンクやパープル色の空)の時間帯に撮影を組みたい方は、このくらいの時間帯にする方が多いようですよ。

 

メモ

 

実際に現地に行って思ったのは、時間というよりは天気ですね。

カメラマンさんが言ってましたが、最近は異常気象の影響でハワイも気候が変わってきていて、乾季なのに1週間くらい雨が続く日もあったそうで、その時期に挙式の方は本当に不運だったそうです。

私たちが行ったときは、2日目以降は全部晴れでしたが、全て晴れ男のカメ助のおかげです。笑

 

4か月前の準備

HISさんと2回目の打合せ

2回目の打合せでは、先日貰ったパンフレットで検討した内容を伝え、飛行機やホテルを抑えてもらいました。

カメ夫婦の新婚旅行分と親族分、どちらも依頼しました。

その場で飛行機やホテルを確保してくれたので、1時間程度で終了しました。

 

あとは、ハワイ観光としての追加オプションの検討、パスポート取得、ESTAの申請、損害保険の加入、の宿題が出ました。

 

タカミブライダルさんとの初回打ち合わせ

同日、タカミブライダルさんがHISさんの店舗に来て、初回打合せも行いました。

まずは、必要な手配項目について以下のようなことを質問をされました。

基本情報

  • 滞在期間と宿泊予定のホテルはどこか
  • 予定しているゲストはだれか
  • ゲストの送迎有無
  • 挙式とロケーション撮影でヘアチェンジをするか
  • 挙式(バージンロード)での新婦エスコートはだれになるか
  • 挙式前のベールダウンは誰にしてもらうか
  • 子供はいるか?
  • 両親にレイを渡すレイセレモニーはするか
  • 国内でアフターパーティーはするか? など

 

次に、タカミブライダルさんの挙式内容が載っているパンフレットをいただき、前回予約した基本内容(チャペル使用料など費用の内訳)を確認し、追加で検討する必要のあるオプションについて詳細に説明していただきました。

追加オプション

  • ドレスはどのような種類があるか(日本レンタル、サイズオーダー、現地レンタル等)
  • 親族の衣装紹介
  • パーティーのコース、パーティー前のウェルカムドリンク有無
  • テーブルコーディネートの種類、テーブル装花
  • パーティーで写真撮影をするか
  • ケーキの種類
  • ヘッドアクセサリー、ブーケ、レイの種類
  • チャペルの装花
  • ムービー、アルバムの種類
  • ロケーション撮影について
  • ヘアメイクのコース など…

直感であれこれ選び、後日メールで見積書を受領しました。

次回のドレス試着日までに受領した見積書の内容を検討し、オプションの追加・削除を報告することになりました。

カメ嫁
このオプション決めが一番悩む作業です。

 

そして最後に挙式後のパーティーの進行について詳細を決めました。

パーティーの進行

  • パーティーでの席次決め
  • ゲストのアレルギー有無
  • VTR撮影はいつするか?(オープニングor歓談中)
  • ウェルカムスピーチはするか?
  • ウェディングケーキ入刀はするか?
  • ファーストバイトはするか
  • 乾杯、結びの挨拶はするか?誰がするか?
  • 手紙の朗読はするか?誰が誰にするか?
  • 記念品は増値するか?誰が誰に渡すか?
  • 席札は必要か?誰が手配するか?
  • 席付ギフトは必要か?誰が手配するか? など

 

そのほか、カメラマンやヘアメイクの指定も出来るとのことで、その人のインスタアカウントが載っているリストを頂きました。私たちはコスト削減のため指定はしませんでしたが、人気の方は早めに予約が必要とのことです。

 

次回は2週間後、タカミブライダルさんの店舗へ行って、ドレスとタキシードの試着を行います。

メモ

 

試着は、どの店舗に行っても良いそうですが、最終フィッティングの際も同じ店舗に行く必要があるので、行きやすい場所が良いと思いますよ!

なお、おしゃれな花嫁に絶大な人気を誇るVERA WANG の取り扱いもあるようですが、大阪と京都に限定されているようですので要注意です。

 

タカミブライダルさんとの2回目打ち合わせ(ドレス・タキシードの試着も)

試着については、タカミブライダルのスタイリストさんが担当してくださいます。

試着の流れ

着いたらまず、どんなドレスが着たいかなどの希望条件を用紙に記入します。

その後、スタイリストさんが、どんな種類のドレスがあるかざっと説明してくださり、試着してみたいドレスの候補を選ばせてくれます。私は6着試着させていただきましたが、時間的にはこのくらいが限度な感じでした。

そして…悩みに悩んで、ある1着(サイズオーダー)に決定!!!

旦那さんの方もレンタルではなくサイズオーダーに決定。スーツの色やベストの背裏の色など細部まで細かく決めることが出来て、オリジナル感がすごかったです。その他、「蝶ネクタイ、カフスボタン」はタカミブライダルさんでレンタル、「白手袋、チーフ、サスペンダー、靴下」は自前で用意するなども決めました。

カメ嫁
ヘッドドレスもこだわりたいという方は、タカミブライダルさんでレンタルもあります。空きがあるか早めの段階で確認しておきましょう。私は自前で用意しましたが、ドレスに合わせて一緒にコーディネートしてもらうと安心ですよね!

 

試着は、どんな服で行くべき?

試着の時、洋服と下着は全て脱ぐので何でも大丈夫です。ひざ下のストッキングだけ持参しましょう。

メイクですが、普段よりは少し濃いめのメイクで行くことをおすすめします。挙式当日はバッチリメイクですので、試着時に写真を撮った時にイメージしやすくするためです。

髪の毛は、スタイリストさんがまとめてくださるので、適当で大丈夫ですよ。

もし、もう当日履く「ブライダルシューズ」を購入済みの方は、サイズ感をみるためにも持っていきましょう!

 

3か月前の準備

自分たちで用意したもの

正直、3か月前でなくても良いこともありますが、次期が近づくにつれて意外と忙しくなるものなので、ここに記載したものは出来る限り早めに考えて、処理しておきましょう!

挙式・パーティーの準備

  • 式・ロケーション撮影用のヘッドドレス、ネックレス、ピアスを購入
  • 式用、ロケーション撮影用のヘアセットを考える
  • エステ(エステ、皮膚科などに気になるところは相談しましょう。大きく改善が必要であれば早ければ早いほうが良いようです。)
  • ゲスト用のアロハシャツムームーの用意(カメ夫婦は、『MuuMuu Aloha』でレンタルましたが、ゲストの衣装が安く揃えられてとても良かったですよ!)
  • アロハ小物の用意(『Aroha Outlet』で女性陣のみネックレスやバックを事前に安く購入しました)
  • レイの用意(カメ夫婦は自前で用意することにしたので、『Aloha Hawaii Mau』で可愛いレイを安く購入しました)
  • プロフィールムービー作成開始(動画編集ソフト『Filmora』にて自前で作成を始めました)
  • 席札を購入(少人数でも依頼可能なお店がある、安くて可愛い『Creema』がおすすめ)
  • ケーション撮影で撮影したい場所をインスタなどで探し、撮影指示書を作る(どうしても取ってほしいロケ地やアングルがあれば、A4に収まる範囲内で作っていきましょう。)

旅行準備

  • ESTAの申請(これが意外と面倒!カメ夫婦は、間違って渡航できないなんてことになったら困ると思ってHISに代行をお願いしましたが、結構高かったです…。申請時は、パスポートコピーが必ず必要です。)
  • 挙式後の過ごし方などを検討(必要に応じて、オプショナルツアーなどに申し込みましょう。)

 

1か月前の準備

出発2週間前くらいから、持っていく荷物の準備で一気にバタバタしました。

詳細はこちらをご覧ください。

海外挙式・ハワイ|ドレスは機内に持ち込み可能?どう荷造りした?

 

タカミブライダルさんと最終フィッティング&最終打合せ

1か月前に再度、タカミブライダルの店舗で最終フィッテイングと最終打合せを行いました。

最終フィッティングでは、ドレスとタキシードを試着してサイズ感を確かめます。

サイズ感に問題なければ、その日に受け取って、家に持って帰ることになります(結構大荷物になるので注意)。

最終フィッティングは、コーディネートに違和感がないか確かめるとことができる重要な機会です。当日つける予定のヘッドアクセサリーやイヤリング、サッシュベルト、靴なども持っていった方が良いですよ!

 

最終打合せでは、オプションの最終確認を行い、以下の説明を受けました。

現地での段取りと挙式当日の流れ

  • ハワイに持っていく持ち物リスト
  • 到着して1日目の現地打合せ・ヘアメイクリハーサルの時間と待ち合わせ場所について
  • 挙式当日のスケジュールについて
  • 挙式セレモニーでどんなことをするかの説明
  • ハワイで過ごすうえでの注意事項(喫煙場所や交通ルールなど簡単に教えてくれます)
  • 挙式スタッフへのチップ目安について など

 

その他、自分たちで用意したもの

その他、バタバタと以下の準備もしました。

挙式・パーティーの準備

  • ブライダルネイル(私は出発4日前に行きました)
  • 美容院(私は出発10日前に行きました)
  • シェービング(私は出発2日前に行いました。ただし、剃刀負けが怖かったので、1週間前に試し剃りをしました。)
  • フィールムービーの完成

旅行準備

  • 連絡先一覧の作成
  • 族への案内状を送付(タカミブライダルさんからも1枚、ゲスト用の案内状が貰えます。そこに書いていない情報を一覧化して、送付しました。正直、当日の正確な時間などは、タカミブライダルさんとの最終打合せでわかるため、この期間での発送となりました。緊急連絡先一覧も入れましたよ)
  • ち物リストを作る
  • 害保険にはいる
  • Wi-Fiをレンタルする(私たちはHISさんの特典があったので必要なかったのですが、記載しておきました)
  • スポートコピーしておく
  • 親への手紙を書く
  • 両親への手紙の内容をコピーしておく(私は、自分で読む用としてワードで書いたものをコピーしました)
  • 式以外のアクティビティ・レストランの予約の最終確認

これで準備完了です。

 

HISさんへの支払方法について

最後に、旅行費用と挙式費用の支払いについてご紹介します。

新婚旅行の旅費、挙式に関する費用の支払いは、全てHISさん経由で支払うことになりました。

色んなところからバラバラと請求が来ないのは良かったです。

たちは、予約してすぐに申込金を、出発の約1か月前に残金を支払いました。

ちなみに、HISさんに支払う方法は以下3通りです。

  • 現金
  • 銀行振込
  • HISさんのクレジットカード(スカイウォーカーカード)

使えるクレジットカードは、スカイウォーカーカードのみとのことです。

現金や銀行振込だとポイントなども何もつかないので、せっかく支払うのであればポイントが付くスカイウォーカーカードを作ってしまった方がいいと思いました。

決済もとても簡単でしたよ。HISさんから送られてくる「決済メール」にログインし、WEb上で手続きが可能です。

公式HPのリンクもつけておきますね。

 

以上が、カメ夫婦がHISさんで予約した際の「実際の流れ」です。

今後は、もっと踏み込んだ内容も記事にしていきたいと思います。

ぜひ関連記事もご覧ください!

 

ブログランキングに参加してます。ぜひ応援クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

-ハワイ

Copyright© ゆったりカメ夫婦ブログ , 2020 All Rights Reserved.