ハワイ

テラスバイザシー挙式|体験者が語る!削ってもいいオプションとは?

2019年11月30日

挙式会場が決まったあと、最大に悩むのが「オプション決め」。

 

海外で挙式を行うなんて初めてだし、周りに経験者もなかなかいないということで、この「オプション決め」は一番の悩みどころです。

 

予算が合えばたくさんつけたいところですが、ハワイへの渡航費用もかかりますし、削れるものは削っておきたいですよね。

 

もし何を削ればいいかわからない…とお悩みの方は、ぜひ本記事をご覧になってください!

 

実際にテラスバイザシー挙式を体験したカメ夫婦が、「削ってもいいオプション」について徹底的にご紹介します!!

 

ご自身の予算や好みによって考え方は違うと思いますが、オプション選びに悩んでいる方の参考になればと思います。

 

この記事のライター:ゆったりカメ夫婦

筆者のカメ助・カメ嫁は、2019年にハワイで挙式をあげて新婚生活に入りました!

結婚や日々の生活で経験したことが誰かのお役に立てばと思い記事を執筆しています!

多くの情報があふれる中、”実際に自分たちが経験したことを読者にお届けする”をモットーに記事を執筆しております。

他にもたくさんの有益な情報を発信していますので、いろいろ見ていってください(^o^)

 

スポンサーリンク

オプション決めの流れ

まずは、オプション決めの流れを簡単にご紹介します。

 

テラスバイザシーを予約後、次の打合せあたりで、タカミブライダルからオプション内容の説明があります。

 

その時に「直感でいいなと思ったオプション」を一旦伝えると、後日メールで見積書が送られてきます。

 

この最初に貰った見積書の額は、おそらく目が飛び出るような金額になっていると思いますので、ここから不要なオプションを徐々に削っていくという流れです。

 

最終的には、出発の40日前までに確定させる必要がありますが、40日を切ると、受付できないものやキャンセル料がかかってくる時期になってきますので注意が必要です。

 

これから各オプションについてご紹介していくわけですが、以下の順番でご紹介ていきたいと思います。

  • 削っても良いオプション
  • グレードを上げる必要がない(場合によっては削ってもいい)オプション
  • 絶対に入れるべきオプション
  • 個人的に入れて良かったオプション
  • その他サービスのプチ情報

 

なお、今回ご紹介する内容は、あくまでもカメ夫婦が実際に挙式をあげてみた感じた内容をもとにご紹介します。

 

ですので、これが絶対ではありませんし、最終的にはもちろんご自身の判断で判断をしてください(^o^)

 

カメ助
少しでも、どなたかの参考になればと思って書いています。

 

ぜひ最後までみていってください。それでは、さっそくまいりましょう~!
カメ嫁

削っても良いオプション

スポンサーリンク

それでは早速、「削ってもいいオプション」についてご紹介していきます。

 

ちなみに、「削ってもいい」とは、カメ夫婦が考える「つける必要がないと思ったオプション」で、優先順位としては一番低いと思って頂ければよいと思います。

 

カメ嫁
予算に余裕がある場合は、もちろん付けて損はありませんので、その旨で見ていってください。

 

①チャペルフラワー

チャペルフラワーは、チャペルの装花です。

 

こちらは、基本挙式代金に含まれている「聖壇フラワーホワイト、ベンチフラワーホワイト」のみで十分でした。

 

挙式は15分ほどで終了してしまいますし、そもそものチャペル自体に存在感があるので、豪華なフラワーは要らないのではないかと思います。

上記で添付した画像が、実際の基本装花の様子です。

 

カメ嫁
カウイチャペル、とっても素敵でしたよ~!!

 

 ② ウェルカムドリンク

パーティー開始前、ゲストがパーティー会場で少し待つ状態となりますが、その間に出されるのが「ウェルカムドリンク」です。

 

オレンジっぽい色をしたトロピカルソフトドリンクなので、テーブルが可愛らしく華やかにはなりますが、1杯1,200円と結構お高め。

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】 ザ・テラス バイ・ザ・シー(@the_terrace_by_the_sea)がシェアした投稿 -

後ほど記載しますが、テラスバイザシーの食事はボリュームも多く、すべてのコースにフリードリンク(ソフトドリンク各種、ビール、ワイン)が付いていますので、ウェルカムドリンクでお腹を満たしてしまうのももったいないと思います。

 

よって、ウェルカムドリンクはなしでも良いと思います。

 

③ギフト

ギフトとは、ゲストに感謝の気持ちを込めて、ハワイ現地で渡すちょっとしたプチギフトです。

 

日本でも披露宴後、帰る際に「小さなクッキー」等を頂きますよね。

 

あの小さなギフトのことです。

 

タカミブライダルのオプションでもいくつか選べますが、若干割高ですので、個人的には自分で購入することをお勧めします。

 

ただでさえ荷物が多いので現地で購入するのが一番かとは思いますが、

もし「ハワイで買えるか心配だ」、「ハワイで自由な時間を増やしたい」という方は、日本で購入していくのも手だと思います。

 

個人的におすすめなのは、ホノルルクッキーカンパニーのパイナップルオーナメントです。

ホノルルクッキーカンパニー

 

ハワイらしく、ウエディングギフトにもぴったりの可愛らしさがあっていいですよね!

 

ハワイで購入すれば安いですが、日本でも購入することはできるようです。

 

プチギフトは、パーティー会場の机上に並べられるので、パッと目に入る場所にパイナップル型のものがあると可愛らしい雰囲気になりますよ。

 

このパイナップル型の容器は、クリスマスツリーのオーナメントにも使用できますし、物を入れてインテリアにすることもできるので、貰った方も嬉しいアイテムです。

 

ポイント

ただし、ホノルルクッキーカンパニーには、ギフト用の小さな紙袋はありませんので、小さな紙袋は日本で用意して持っていきましょう!小さな紙袋は100均に売っていますので探してみてください。

 

④バンケットの装飾(装花以外)

カメ夫婦が付けたバンケットの装飾は、「メイン・ゲストテーブルの装花」のみです。

 

「装花」については後ほど記載しますが、ここで言う「バンケットの装飾」とは、以下を指しています。

 

  • ナプキンフラワー、グラスフラワー、ナイフフラワー、ナプキンコーディネート、チェアサッシュ

 

これらは、特につけなくても基本セッティングで十分でしたよ!

 

こちらが実際の基本セッティングの様子です。

付けたらテーブルに色が入って華やかになりますが、ゲストは、綺麗な海が見えるだけでテンションあがるので不要かと思います。

 

カメ助
グラスやカラトリーも沢山置いてあるので、食事中はテーブルはごった返してて、本当に基本だけで十分だったね!

 

グレードを上げる必要がない(場合によっては削ってもいい)オプション

続いて、「つけた方がいいけどグレードは上げる必要がない」というオプションです。

 

場合によっては削ってもいいかなと思うものもあります。

 

カメ嫁
それではみていきましょう!

 

①ブーケ

もしこれがいいというブーケがあるならそれにした方がいいと思いますが、迷っているようであれば、基本ブーケ「あじさいのクラッチ」で全然良いと思います。

 

カメ夫婦も挙式とパーティーは「あじさいのクラッチ」にしましたが、これが基本料金代金に含まれていると思えないほど、とっても可愛かったです(^O^)

 

ちなみにロケーション撮影は、日本から造花を持っていきました。生花だと1日持たないかもという情報もあったので…。

 

まぁそんあことはないんでしょうけど、ロケーション撮影ではイメージを変えることも出来ましたし、造花を持っていって本当に良かったと思っています。

 

ハワイに持ち込むことが出来るブーケについても記事にしていますので、あわせてご覧ください。

海外挙式|植物防疫所に聞いた!ハワイに持っていけるブーケとは?!

 

②食事のコース

食事のコースは4つあります。

 

私たちは「Glace of Ohana(オハナ)」という2番目に安いコースにしましたが、聞いていたとおり食事のボリュームが凄かったです。

 

カメ嫁は、コルセットがきつくて最後のデザート系は全部食べれなかったのですが、どれも本当に美味しかったです!!

 

カメ嫁
他の方のクチコミでも1番安いコース「Glace of Aloha(アロハ)」で問題ないということを聞いていたのですが、ちょっと豪華なもの食べたい欲が出ちゃいました…笑

 

「アロハ」と「オハナ」で大きく違う点は、スープとメインです。

Glace of Aloha(アロハ)Glace of Ohana(オハナ)
スープコーンチャウダーロブスタークリームビスク
メインショートリプのロースト or

マヒマヒ(シイラ)のムニエル

アンガス牛サーロイングリル or

モンチョン(シマガツオの仲間)とホタテのソテー

こう見るとやっぱり「オハナ」に惹かれますが、量的には「アロハ」で問題ないし、料理を提供してくれる「53 By The Sea」は高評価のレストランですので、予算を考えると「アロハ」で全く問題ないと思います。

 

ポイント

コースは、お肉か魚か選べますが、全員同じにしなければなりません。新郎側はお肉、新婦側が魚とかもできないのでご注意ください。

 

③レイ

ハワイでは、親愛を示すという意味で「レイを渡す」という習慣があるようで、お祝い事ではよく用いられているそうです。

 

ハワイ挙式でも、両親に感謝と親愛の気持ちを込めレイを贈る「レイセレモニー」が人気で、テラスバイザシーでも行うか否か選ぶことができます。

 

もし行う場合は、挙式後すぐにフラワーガーデンという場所で行います。

 

「レイ」は、タカミブライダルのオプションでもがありますが、生花ということもあって1輪で4,500円します。

 

生花だと花の香りがして素敵なのですが、帰国時には萎れてきてしまいます。

 

どうせ贈るのであれば「造花のレイ」にした方が、扱いやすく記念品にも出来るのでおすすめです!!

 

カメ夫婦が購入したのはこちらの2つです。

カメ嫁
父はパープル、母はホワイトパープルと色を分けましたが、画像のとおりで、とても綺麗でしたよ~!

 

もし日本から持ちこみしたくないという場合は、ハワイのABCストア(コンビニ)にも売っているようなので、それでも良いと思います。

 

④ムービー

ムービー、結構高いんですよね…。

 

帰国後パーティーをやる方ならつけてもいいと思いますが、その場合は、「ハイライト約4~5分」は必須ですよね。

 

その場合、「ハイライト約4~5分と挙式ノーカット約15分」の内容で、なんと204,000円です。

 

悩んだ結果、カメ夫婦はつけませんでした。

 

今だに「思い出に欲しかったな~」とは思いますが、どうせ20万円出すなら「海外旅行にでも使った方がいい!」という結論が勝ちました。

 

どうしてもというのなら、ゲストのどなたかに謝礼でも払ってビデオ撮影をお願いした方が安上がりですよね。

 

ただし、私たちは、挙式中は写真撮影NGと言われましたので、ビデオ撮影もNGかもしれません。

 

どうしても挙式中の動画が欲しい方は、ゲストが挙式中にビデオ撮影してOKか、プロデュース会社に確認しておきましょう!

 

カメ嫁
スマホのムービーでもいいから誰か撮ってくれたら嬉しいけど、両親だけだとスマホ使いこなせる人少ないから難しいんですよね~。

 

諦めも重要かな?
カメ助

 

⑤バンケットの装花

バンケットフラワーは「メインテーブル装花 28,000円」、「ゲストテーブル装花 25,000円」です。

 

カメ嫁
生花ってどうしてこんなに高いのでしょう…。

 

カメ夫婦は、メインテーブル装花1つ、ゲストテーブル装花2つ付けました。

 

もちろんテーブルは華やかになって大変良かったのですが、「どうしても大幅に削りたい!」とお考えの場合は、最悪無くても問題ないかと思いました。

 

実際、クチコミでも「バンケットフラワーなし」とした方もいましたし、不自然ではなかったですよ!

 

カメ助
テーブルよりも周りの景色が圧倒的に綺麗だもんね!

 

でも少しでもテーブルを華やかにしたいという方は、あった方がいいかも。

 

ゲストが少ないようであれば「メインテーブル装花1つ」、ゲストが10名ほどであれば、「ゲストテーブル装花2つのみ」とかでもいいかもしれません。

 

カメ嫁としては、写真を撮られる際に正面から撮ることが多いと思ったので、「メインテーブル装花」は必須と考えましたが、意外にも正面から撮られることは少なかったです。

 

なので、「メインテーブル装花」は無くても良いのではないかなぁと思いました。

 

カメ嫁
しかも、正面から撮られたケーキカットの瞬間は、「メインテーブル装花」のせいでケーキが全部見えないという惨事に…笑

 

カメ助
花があるからテーブルが華やかにはなったけどね!装花って意外と悩みどころだよね~!

 

絶対に入れるべきオプション

①ロケーション撮影

フォト追加撮影として、ロケーション撮影があります。

 

ロケーション撮影は、以下4つから選べます。

  • 近郊ビーチ、近郊パーク、ワイキキタウン、カカアコタウン 約60分 82,000円(カカアコタウンは挙式/パーティー後)
  • ダウンタウン 約90分 92,000円
  • マジックアワー 約90分 92,000円(挙式時間によって申し込めない場合あり)
  • 東海岸 約160分 158,000円(アルバムによって別途東海岸撮影差額出張費あり)

 

カメ夫婦は、近郊ビーチとダウンタウンで撮影しました。

 

ロケーション撮影は1つでも入れると、ウエディングドレス、タキシード姿の2人の思い出が増えるのでお勧めです!!

 

カメ助
ビーチはハワイらしくて良かったね!ダウンタウンは、実際に見た景色よりも写真で見ると数倍おしゃれさが増す街だったな!笑

 

②アルバム

アルバムを申し込まなければ、撮影データが貰えないので、アルバムは必須です。

 

アルバムは、「タイプA~E」まであって「タイプA」が最安値ですが、ロケーション撮影を付けられるのは「タイプB~E」を選んだ方のみです。

 

よって、ロケーション撮影を入れる場合は、必然的に「タイプB~E」のアルバムで選ぶこととなります。

 

カメ夫婦は、2か所のロケーション撮影をつけたので、「タイプC」の「Plaisir(プレジール)」というアルバムを選びましたが、十分の量感でした。

全撮影データは、帰国後1か月以内にクラウド上でデータダウンロードして受け取れます。

 

よって、「タイプB」にしてロケーション撮影はデータを貰った後に外注したって方もいるようですよ!

 

アルバムは、それぞれ写真の質感や冊子のデザインなども違うので、実際に見て、好みのものを選んだ方がいいと思います。

 

撮影会社は「ラヴィファクトリー」と「ベターハーフ」がありますが、こだわりがなければどちらでも問題ないと思います。

 

カメ助
ちなみに、挙式中に限ってゲストの写真撮影禁止です。カメラマンさんしか撮影できませんので注意です。

 

③パーティー撮影

フォト追加撮影として、パーティー撮影があります。

 

パーティー撮影は、本当に入れて良かったオプションです。

 

ケーキカットやファーストバイト、ゲストとの会話を楽しむシーンや、ダイヤモンドヘッドをバックに全員で撮影もしてくれました。

 

ロケーション撮影や挙式ではすました笑顔が多かったけど、パーティーではゲストも含め和やかな表情があるのが良いところです!

 

私たちは、「パーティー撮影 約30分」を選びましたが、料理2品目が出てきたあたりでカメラマンさん退出でした。

 

カメ嫁
ケーキカットなど主要なイベントも入るので、撮影時間は30分でちょうど良いと思います!

 

個人的に入れて良かったオプション

①ヘア&メイクアップ(前日リハーサル)

「現地リハーサルヘア&メイク 約90分 35,000円」の前日リハーサルメイクは、入れて正解!

 

やっぱりヘアメイクは重要な部分ですし、当日のテンションに関わってきます。

 

しかも、ヘアメイクなんてやってもらうことなかなかないので、楽しいですよ!

 

「リップの色はこの色が似あいますね!」なんて、気づかなかったことも教えてくれたり…

 

カメ嫁
旦那さんの意見は無視で、入れてしまいましょう!笑

 

②ヘア&メイクアップ(当日)

そして当日は、「クイーンズビューティープラン」というロケーション撮影同行のプランにしました。

 

ヘアメイクさんがずっと同行してくれるのは本当に心強かったです。

 

しかも、メイク以外にも何かあったら何でも言ってくださいねと言ってくださったり、私のスマホでパシャパシャとカメラマン並みに撮ってくださったり、移動するときはいつもドレスの裾を持ってくださったり、カメラマンさんのお手伝いまでしていたり…、本当に至れり尽くせりで頼りになる存在でした!

 

なので、ロケーション撮影も同行してもらった方が安心だなと感じました。

 

ちなみに、カメ助も「新郎ヘア&メイク 約30分 16,000円」で髪の毛のセット、ファンーション眉、アイメイクなどをしてもらいました。

 

やっぱり肌の質感が全然違うので、これも入れた方がいいと思います!

 

カメ助
メイクなんて初めてしてもらったけど、良い体験にもなりましたよ~!

 

③ケーキ

付けてよかったというよりは、「グレードアップして良かった」というものです。

 

カメ夫婦は、ハワイアンフルーツケーキにしました。

 

ハワイらしくてテーブルも華やかになってとっても素敵でしたので、これは正直おすすめです(^O^)

 

食べたときもフルーツがたくさん入っていて美味しかったです。ただ15名/2段で45,000円もするのです。改めて考えても高い…。

 

でも、ケーキは、新郎新婦がパーティー会場に入場する前から置かれてあって、ゲストが写真撮影することもできます。

 

新郎新婦が入場してからは、ウェルカムスピーチ→ケーキ入刀→ファーストバイト後すぐに下げられてしまうので、おそらく15分もなかったんじゃないかなという感覚ですが、あとで写真を見返すとやっぱりケーキが可愛いと写真映えしますし、これにして良かったと思いました。

 

ケーキはゲストの人数でも左右されますし、インスタなどをみていると低コストのイチゴのホールケーキも人気のようですよ!

 

カメ嫁
ちなみに、「パーティー撮影を30分」つけて、パーティー撮影では約80カット撮っていただきましたが、そのうちケーキが写っていたのは約20カットでした!

 

その他サービスのプチ情報

①ウェルカムスペース

挙式前の待合室には、小さなテーブルが置いてあって、そこに好きなものを2点置くことができます。

 

カメ夫婦も「前撮りのアルバムとイニシャルの置物」を持っていったのですが、荷物を増やしたくない方は、ウェルカムスペースに置くものは持っていかなくても大丈夫ですよ!

 

その小さなテーブルには、挙式の「ナウパカサンドセレモニー(※)」で使う砂・グラスと挙式式次第が置いてありますので、それだけでも様になっていました。

 

(※)挙式で、異なる色の砂を1つの器に注ぐセレモニーです。

 

②レンタルリングピロー&とレンタルウェルカムボード

これはオプションではないのですが、基本料金に入っている「リングピロー」と「ウェルカムボード」。

 

これらはレンタルですが十分可愛かったです。

 

特に「ウェルカムボード」は、テラスバイザシーの雰囲気に合っていて、写真撮影でも素敵に写真に収めてくださいました。

 

まとめ

削っても良いオプション

  • チャペルフラワー
  • ウェルカムドリンク
  • ギフト
  • バンケットの装飾(装花以外)

グレードを上げる必要がない(場合によっては削ってもいい)オプション

  • ブーケ
  • 食事のコース
  • レイ
  • ムービー
  • バンケットの装花

絶対に入れるべきオプション

  • ロケーション撮影
  • アルバム
  • パーティー撮影

個人的に入れて良かったオプション

  • ヘア&メイクアップ(前日リハーサル)
  • ヘア&メイクアップ(当日)
  • ケーキ

その他サービスのプチ情報

  • ウェルカムスペース
  • レンタルリングピロー&とレンタルウェルカムボード

ぜひ参考になれば嬉しいです。

 

ドレスについては、「タカミブライダルで購入した際の値段について」をご覧ください。

参考ハワイ挙式|タカミブライダルで購入したドレスの値段を大公開!

 

-ハワイ

Copyright© ゆったりカメ夫婦ブログ , 2020 All Rights Reserved.