社畜サラリーマンカメ助と専業主婦カメ嫁のお役立ちブログ

ゆったりカメ夫婦ブログ

ハワイ

ハワイで2つのホテルに泊まりたい!ホテルをはしごする時の移動手順

ホテル選びって結構悩みますよね。

クチコミは人によって意見が違くて何が本当なのかわからないし、どのホテルも一長一短あって決まらない…

ましてや新婚旅行ともなると、高額な出費をするだけに失敗したくないという気持ちも大きくなってきます。

そんな時は、思い切って2つのホテルに宿泊してしまいましょう!!

今回は、実際に新婚旅行で2つのホテルを宿泊した経験を生かし、複数のホテルをはしごする際のポイントについてご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

2つのホテルをはしごするメリット・デメリット

まずは、メリットからご紹介します。

2つのホテルの施設・雰囲気を楽しめる

単純に2つのホテルの雰囲気を楽しむことができます。

例えば、1901年に開業した「モアナ・サーフライダー」等が建ち並ぶワイキキビーチ沿いのホテルと2009年に設立されたモダンな雰囲気の「トランプホテル」では、建物全体の造りはもちろん部屋の造りにも異なる雰囲気があります。

ワイキキビーチ沿いに建ち並ぶホテルは、入口から解放感があって、異国間満載です。また、部屋の中で一番テンションがあがる瞬間は、部屋から綺麗な海が見えた時ではないかと思いますが、ビーチ沿いなので部屋の目の前が海というオーシャンフロントの部屋が多くあるのも特徴です。

一方、街中にあるホテルは、トランプホテルのような5つ星のホテルもあれば、リーズナブルに泊まれるシティホテルもあります。「トランプホテル」に関しては、コンドミニアムタイプで子連れにも安心の間取りだったり、さすが5つ星というほどサービスが充実しています。

なるべく異なる特徴のホテルに泊まるなどしてハワイを楽しむというのも、ハワイを思い切り楽しむ方法の1つかと思います。ホテルが替われば、ホテルに入っている飲食店なども異なりますし、ホテルから近い有名店も変わってくるので、色んな飲食店を楽しめるのも良いところです。

ちなみに、ホテルのプールやビーチを使えるのは、宿泊者限定です。プールやプライベートビーチも各ホテルによって印象が違うので、色んな遊び方で楽しむことが出来ますよ。

 

予約するプランによっては特典がある

例えば、カメ夫婦が予約した旅行代理店HISの「Ciao ハワイホノルル(パンフレット)」では、3泊以上の宿泊で貰える特典が多数ありました。

特典とは、〇〇$分のリゾートカードやホテル併設レストランでのディナー券や朝食券などです。これが結構お得なんです。

こういった特典や付加価値がないかもしっかり確認したうえで、宿泊日数を決めるようにしましょう。

 

私たちが予約したプランでは、ルームサービスでも頂けるブレックファーストも特典でしたよ!もう本当に、これ以上ないブレックファーストでした(^O^)

高級ホテルに泊まることもできる!

1度は泊まってみたいけど予算が合わない高級ホテルにも泊まることが出来ちゃいます!

例えば、天国にふさわしい家とも呼ばれる「ハレクラニ」やピンクパレスと呼ばれる「ロイヤルハワイアン」は女性に大人気ですが、宿泊費用が高額なことでも有名。

そんなときも、最初は低コストのシティホテルに泊まり、途中から憧れのホテルに移動することで、泊まってみたかったホテルに泊まることも出来ちゃいます!

次回ハワイへ行く際のホテル選びの参考材料が増える

ハワイに行った方は、「また行きたい!」と思う方も多くいるのではないでしょうか。

次回行くときに参考にするのは、前回の旅ですよね。

その前回で2つのホテルを体験していれば、視野が広がって次のホテル選びに大いに生かせるというわけです。

また行くときのために、部屋の情報なども記録しておくとよいと思いますよ!

 

2つのホテルをはしごするデメリット

スポンサーリンク

続いて、デメリットです。

コストがかかる

1つのホテルに6泊8日するのと、2つのホテルに分けて6泊8日するのでは、やはり後者のがコストがかかります。

旅行会社の規定にもよると思いますので確認が必要ですが、例えばあるHISさんのパンフレットでは、高い金額の方のホテルのプラン料金に、低い金額の方のホテルの項目にある「延泊代金」とかかれている金額が日数分プラスされていくという仕組みのようでした。

一番の条件がコストを抑えることなのであれば、個人手配が一番リーズナブルではないかと思います。

 

荷物を抱えて移動しなければならない

これが旅先では一番心配ですよね。特にハネムーナーは、一緒に挙式もあげるともなるととんでもない荷物の量になります。ただし、自分たちで持てる範囲の荷物量なら心配するようなことはなく、全く問題ないと思います。

 

午前中がつぶれる日が1日発生する

移動日は、荷物をまとめてチェックアウトし、移動してからチェックインする作業が必要となります。

よって、午前中は何も予定を入れられません。もし入れてしまっても宿泊先のホテルに荷物を預けることが出来れば問題ないですが、慣れない外国の地では何が起こるかわかりませのんので、無理をしないスケジュールを立てたいところです。

また、もし宿泊が1週間程度であれば、はしごするホテルは「2つのホテル」までとした方が良いと思います。

なぜなら、もし6泊8日で3つのホテルに宿泊する場合は、2泊3日ずつはしごすることとなりますが、チェックイン・チェックアウトのために午前中からの予定を入れられない日が2日も発生してしまいます(到着日は含めず)。計画的に動けないのは非常にもったいないことです。

逆に、2つのホテルであれば、午前中から予定を入れられない日は1日で済みますし、大きな支障ではないと言えます。

 

移動前日に荷物の荷造りをしなければならない

そんなに大変なことではないですが、ちょっと面倒ですよね。もう使わないものはすぐにスーツケースにしまうなど、こまめに片づけておくと後で楽です。

 

チェックアウト、チェックインの作業が増える

英語が苦手な方は特にマイナスの印象を持つのではないかと思います。混み合って待ち時間を作ってしまうことがないように、チェックアウトギリギリの時間帯は避けましょう。

 

このくらいでしょうか。

でも正直、カメ夫婦はそれほどデメリットは感じませんでした。シェラトンワイキキからハレクラニに移動しましたが、隣のホテルだったので移動はそんなに大変ではなかったです。挙式の荷物があったので少し重かったですけどね。

自分たちで運べないほどの荷物がある方は、もしかするとホテルの方にチップを払えば運んでくれるかもしれませんよ。もし荷物が増えてしまったら、ホテルに相談してみるのもありですね。

 

複数のホテルから絞り込めない時の「ホテル選びのポイント」

ホテル選びは、予算や過去に泊まったことがあるなど色んな事情があると思いますが、個人的に盲点だったなと思うことも含め、2つのホテルに泊まった今だから言える「ホテル選びのポイント」を簡単にご紹介したいと思います!

ワイキキビーチ沿いのホテルは必ず入れるべし!

繰り返しとなりますが、ワイキキのホテルは、「ワイキキビーチ沿いのホテル」と「街中にあるホテル」と大きく2つのエリアに分けることが出来ます。

「ワイキキビーチ沿いのホテル」は、「ハレクラニ」、「モアナサーフライダー」、「ロイヤルハワイアン」、「シェラトンワイキキ」、「アウトリガーワイキキビーチリゾート」です。ワイキキビーチ沿いのホテルは歴史あるホテルばかりでどれも有名ですね。費用は高めですが、オンザビーチなのでハワイらしい雰囲気が楽しめます!予算が合えば、ぜひ一度は海沿いのホテルに泊まってみることをお勧めします。

部屋から見える景色は、違う景色を選ぶべし!

景色に関してもよく調べて検討してみてください。カメ夫婦は、どちらも海沿いのホテルで「ダイヤモンドヘッド」が見える部屋を選んでしまったので、もう少し変化があってもよかったのかなと思っています。ホテルの構造によっても景色は変わってくると思いますので、写真でわからない場合は、YouTube等でも検索してみましょう!

ちなみにシェラトンワイキキから見える景色は絶景でした!ぜひこちらもあわせてご覧ください。

シェラトンワイキキ|デラックスオーシャンフロントの部屋紹介

 

なるべく高級なホテルを2番目に持ってくるべし!

これはテンションの問題ですが、事情が無い限り、グレードが高いホテルを後にするのが鉄則です。

また、予算を考えてシティビューも選ぶのはありだと思いますが、その場合は、海が見える部屋を旅の後半のホテルとしましょう。

旅行会社の特典がちゃんと貰えるか確認すべし!

旅行会社の特典がきちんと使えるかどうかも確認すべきです。プランによっては、3泊以上でないとディナー券が貰えないなどもあるようですので、そのあたりも考慮して決めたいところです。

 

また、ポイントにはいれませんでしたが、個人的にはなるべく、徒歩で移動できる距離感のホテルを選んだ方が安心かと思います。まぁ、タクシーを使って移動すればいいだけですし、泊まりたいところでいいとは思うんですけどね。タクシーだと近すぎるけど歩くと遠いみたいな距離が一番悩みどころで面倒かもしれません。

 

当日の移動の手順

<移動当日のスケジュール>

  1. 移動日前日に荷造りしておく
  2. 移動日当日、チェックアウトする
  3. すぐに移動先ホテルへ向かう
  4. 移動先ホテルでは、チェックインできるか/荷物を預けることはできるか聞く。
  5. チェックインできえればそのまま手続き、まだできないようであれば荷物だけ預かってもらう
  6. 移動完了!

カメ夫婦の場合は、移動日当日の午前11時に「シェラトン」をチェックアウトし、その足で「ハレクラニ」に直行。

ハレクラニのホームページには「チェックインは15時より」と書いてあったのですが、とりあえず荷物だけでも置かせて貰おうと思いチェックインカウンターへ行ったところ、そのままチェックインできるということですんなり部屋にも案内して貰えました。

移動が大変だと聞いていたのですが、あまり大変だとは感じませんでした。すんなりチェックイン出来てしまった!というのも大きかったかもしれません。

 

新婚旅行で実際に「ホテルのはしご」を体験してみた感想

カメ夫婦は、ハレクラニに泊まりたい!というカメ嫁の希望により「ハレクラニ」と「シェラトンワイキキ」を分泊することに決めました。

シェラトンワイキキにしたのは、レアヒラウンジが使えること、泊まったことがないホテルだったこと、高層階から海を眺めてみたかったこと、アクセスが良いこと、予算がなんとか見合うことなどが理由でした。

論として、カメ夫婦は2つのホテルをはしごして、本当に良かったと思っています。

どちらもビーチ沿いのダイアモンドヘッド向きというお部屋だったのですが、宿泊した階数が違うので違った景色が楽しめましたし、やはり憧れのハレクラニに新婚旅行で泊まることが出来たのは、特別感があって本当に良かったです。

ワイキキは、どのホテルも本当に素敵なので、また違ったホテルに泊まってみたいという願望も沸々と湧いてきました。

ホテルを移動することもあまり苦には感じませんでしたし、むしろ、違った雰囲気のホテルを1回の旅行で2回楽しめてメリットのが大きかったです!!

 

以上、いかがでしたでしょうか。

この記事を見てくださった方の旅が、素敵な旅になりますように祈っております。

 

ブログランキングに参加してます。ぜひ応援クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

 

 

HISで行くハレクラニ|ルームサービス・シャンパンブレックファーストの詳細

-ハワイ

Copyright© ゆったりカメ夫婦ブログ , 2020 All Rights Reserved.