ハワイ

シェラトンワイキキ|レアヒ・クラブ・ラウンジを利用してみた感想!

2020年3月5日

悩む人

  • シェラトンワイキキのレアヒ・クラブ・ラウンジってどんなサービスが受けれるの?
  • 誰が利用できるの?
  • 実際行ってみた感想を知りたい!

 

本記事では、そんなお悩みを解消します。

 

ハワイのホテル選びって悩みますよね。

 

ハワイには、ラウンジサービスがあるホテルがいくつかありますが、シェラトンワイキキのラウンジでは、どのようなサービスが受けられるのでしょうか。

 

実際に体験してきた経験を踏まえ、メリット・デメリットもあわせて紹介していきたいと思います。

 

本記事の内容

  • シェラトンワイキキのレアヒクラブラウンジの概要や雰囲気がわかる
  • 利用してみて良かったところや悪かったところがわかる

 

この記事を書いている私カメ夫婦は、2019年にハワイでハネムーンをした際、

実際にシェラトンワイキキの「デラックスオーシャンフロント海に近いお部屋27階」に泊まり、ラウンジサービスを体験してきました。

 

実際の体験に基づいた有益な情報をご提供することができると思いますので、ぜひ最後までご覧ください(^O^)

スポンサーリンク

レアヒクラブラウンジ・概要

レアヒクラブラウンジは、シェラトン・ワイキキの30階にあります。

このラウンジからは、ダイヤモンドヘッドや青いワイキキ・ビーチを一望することができ、美しい景色とともに、贅沢な時間を楽しむことができます。

 

アメニティ

・コンシェルジュ サービス
・ビジネスセンター
・無料の新聞と雑誌
・薄型モニターのデスクトップコンピューター
・共用プリンター、コピー、ファックス
・ラウンジ内WiFi
・インターネットアダプター
・薄型テレビ2台
・心地よいラウンジ座席

 

アイランドスタイルのお料理

コンチネンタルブレックファストと軽食は毎日ご用意しております。コンチネンタル朝食: 午前6時~午前10時、フレッシュフルーツ、ペストリー、ジュース、コーヒー、エスプレッソ。軽食: 午後4時~午後8時、チーズ、パン、アペタイザー、ビール、ワイン

引用:シェラトンワイキキHP Leahi Lounge

 

レアヒクラブラウンジ・ラウンジ利用条件

スポンサーリンク

レアヒクラブラウンジは、誰でも利用できるものではありません。

 

以下に該当する方が利用可能です。

  • オーシャンフロント‐クラブ、全てのスイートルーム宿泊客は、無料で利用可能。

※ただし、通常のゲストルームを予約していて、クラブルームまたはスイートへのアップグレードをした場合は対象外。

  • ラウンジ利用料をお支払いの宿泊客は、ラウンジ利用料を支払うことで利用可能

なお、部屋ごとのアクセスは、同室内の大人2名と5~12歳の子ども2名まで。それを超えての利用は、別途追加料金が発生する。5歳未満の子どもは無料。

 

ちなみに私たちは、上記には該当しませんでしたが、HISのあるツアープランで予約したため、ラウンジ利用が可能でした。

実は、シェラトン・ワイキキ・ホテルの27階は、HIS専用フロアとなっており、

この27階の部屋を選ぶと、レアヒクラブラウンジが利用可能なプランがあるのです。

 

私たちが泊まった「デラックスオーシャンフロント海が近いお部屋27階」は最高に眺めの良いお部屋でした。

お部屋についても記事にまとめていますので、ぜひあわせてご覧ください。

シェラトンワイキキ|デラックスオーシャンフロントの部屋紹介

 

レアヒクラブラウンジ・朝食

レアヒクラブラウンジの朝ごはんは、以下のようなものがありました。

朝ごはん

  • シリアル
  • ホットミール(卵料理、ベーコンやウインナー、ポテト等)
  • クロワッサンやデニッシュ、ベーグルなどのパン
  • パンケーキ
  • ペイストリー
  • フレッシュフルーツ
  • ジュース、コナコーヒー、エスプレッソ

 

こちらは、実際の朝ごはんの様子です。

 

二人して、毎日同じようなものを食べていました。笑

 

パンだけでなく、ちゃんと白米もありましたよ!

 

パンを温める機械もありましたし、パンケーキを作ってくれる機会もありました!

カメ嫁
毎日良い景色を見ながら、素敵な朝食を頂きました!

 

レアヒクラブラウンジ・軽食

夕方~夜にかけての軽食では、以下のようなものが並んでいました。

軽食

  • チーズ&ブレッド
  • 前菜(ハムなやサラダなど)
  • クラッカー
  • ポテトチップスとサルサソース
  • ホットミール2種(鳥の照り焼きやミートボールなど)
  • ケーキなどのデザート
  • クッキーやビスケット、チョコレート
  • ジュース、コーヒー
  • 赤・白ワイン(無料と有料あり)
  • ビールサーバー(プリモとバドワイザーという2種類)

 

カメ嫁が翌日の挙式のリハーサルメイクをしている間、

カメ助は、こちらのラウンジでワインとつまみをいただいていました。

カメ助
部屋にいるのも気まずかったし、ホテル内にあるラウンジでゆっくり出来て良かった~!

 

次の日も夕方くらいに訪問。

それぞれビール2杯とワインを何杯かいただきました。

 

つまみもあるし、デザートもあるし、夜ごはん食べれないくらいお腹いっぱいになっちゃいました。笑

 

レアヒクラブラウンジ・見える景色

レアヒクラブラウンジから見える景色は、本当に最高でした!!

朝からこんな景色が…!!

 

朝、青い空とともに高層階で涼しく朝ごはんをいただけるのは、本当に贅沢でした。

窓際の席は日差しも良く入って、気分爽快で朝食をいただくことができましたよ!

ピンクパレスもよく見えます。

 

こちらからは「ハレクラニホテル」が見えます。

 

続いてこちらはサンセットが近い頃の時間です。

 

写真におさめることはできませんでしたが、空の色がピンクやオレンジなど変わる様子がとても神秘的でした。

カメ助
ちなみに、夕日を見る時間帯は、夕日が見やすい窓側の席は全て埋まっていました!

 

メリットとデメリット

私たちが考える、レアヒクラブラウンジを利用するメリットは以下のとおりです。

<メリット>

  • 朝から美しいワイキキビーチを眺めながらご飯がいただける
  • 起きてすぐ朝ごはんが食べられる
  • ご飯はそれなりに美味しい
  • 軽食の時間帯はビールがワインが無料で頂ける
  • 広々としたスペースで子連れ家族も安心
カメ嫁
夕方の軽食の時間帯は、ビールやワインが飲み放題ですので、アルコールをたくさん飲まれる方には嬉しいサービスですよね!

 

一方、デメリットはどうでしょうか。

<デメリット>

  • メニューはほぼ同じであるため、長期間だと飽きる可能性あり
  • ハワイで人気のブレックファーストのお店に行けない
  • 値段に見合っているかは不明(個人の考え方次第)
カメ嫁
正直、毎日多少のメニューの違いはあるものの、私たちは3日目で少し飽きてきました。笑

また、ワイキキにはたくさんの人気のブレックファーストのお店がありますが、そこに行く機会が減ってしまうのは、人によっては残念なことかもしれません。

 

最後の値段に見合っているかという点については…

どうでしょうか。

こればかりは一概には言えませんが、私たちは高いお金を払ってでも経験できて良かったと思っています。

カメ助
日本のホテルでのラウンジサービスは何度か受けたことがあるのですが、ハワイのホテルだとどうなのかなぁと気になっていたので…

 

ちなみに価格についてですが、

私たちはHISの「デラックスオーシャンフロント海に近いお部屋27愛(ラウンジサービスあり)」というプランで予約しました。

同じHISのプランで、「デラックスオーシャンフロント10階以上ダイアモンドヘッド側(ラウンジサービスなし)」というプランもありましたが、

それらの価格を比較してみると、3泊5日で1人=約2万円の差額がありました。

 

そうなると、単純計算で、1泊約6,600円の食事代とも考えられますね。

(現実的には、27階の高層階という価値も含まれていますが…)

 

私たちが頂いた食事が、1日6,600円分に足りる食事内容だったかと言われれば、

おそらくNOと言えますが、それでも価値あるラウンジ体験でした!

 

金額やラウンジの食べ物重視の方は、ラウンジを利用せずとも、

立地面やお部屋にプール、そしてホテル内ショップの充実さなどでシェラトンワイキキのすばらしさを十分満喫できると思いますよ!

 

レアヒクラブラウンジ・まとめ

最後に、本記事について簡単にまとめてみます。

  • レアヒラウンジは美しい景色とともに朝食が食べられる
  • レアヒラウンジから見える景色は絶景
  • レアヒラウンジの食事はそれなりに美味しい
  • レアヒラウンジでは軽食の時間があり、無料のビールやワインがある
  • レアヒラウンジのコスパの考え方は人によりけり

個人的には、シェラトンワイキキのラウンジサービスは、景色よし、料理やドリンク良しの素晴らしいラウンジでした。

少しでもハワイのホテル選びの参考になれば嬉しいです。

JTBでシェラトンワイキキを予約する

 

当ブログでは、ハワイに関する有益な情報をたくさん発信しています。

ぜひ色々ご覧になってみてください。

(ゆったりカメ夫婦ブログ)ハワイ情報はこちら

-ハワイ

Copyright© ゆったりカメ夫婦ブログ , 2020 All Rights Reserved.